島根で太陽光発電を導入しよう!口コミで評判の業者をランキング形式で紹介しています。

太陽光発電と蓄電池をセット導入するメリット・デメリット

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/25

太陽光発電システムの導入を考えているならば、同時に検討してほしいのが蓄電池です。なぜならメリットが非常に大きいからで、蓄電池がなければシステムの魅力自体が半減してしまうとすらいえるほどです。ここでは、蓄電池を導入するメリットとデメリットをお話しした後に、そんなデメリットが克服されつつあることについてお話しします。

メリットは電気を貯めておける・節約効率が増すこと

太陽光発電システムを導入するのに、蓄電池もセットにしないのは大いなる損失であると言い切ってしまいたいと思います。なぜなら「電気をためておける」「節約効率が増す」という2つの大きなメリットがあるからです。

電気をためておけるとは?

蓄電池とは充電・放電を繰り返すことができる電池のことです。スマホやノートパソコンに搭載されているバッテリーの容量が大きなものと考えてください。これを使うことで、太陽光発電システムで作った電気をためておくことができます。

電気をためることでの第1のメリットは災害時など、電気の供給がストップしたときでも電気を利用できることです。停電になって気が付くのは、現代の生活がどれほど電気に依存しているかなのですが、備えあれば憂いなし。いざというときの蓄電池ほど頼りになるものはありません。

第2のメリットは太陽が出ていないときでも、システムで作った電気を使うことができることです。太陽光発電の効率が最も高いのは、気温がそれほど高くない快晴の日なのですが、そのタイミングで在宅していないと、せっかく作った電気を使うことができません。蓄電池があれば作った電気をためておくことができますから、好きなときに使うことができるのです。

節約効率が増す

太陽光発電を導入することで、電気代の節約を見込むことができますが、蓄電池をセット導入することで、さらに節約の効率アップが見込めます。なぜなら蓄電池にためられた電気で、太陽光発電だけでは足らない分を補うことができるからです。

これを聞いて「足らない分は電力会社から買えばいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは少々違います。蓄電池なら高い電気をその度に購入する必要はなく、気候の良い日に作っておいた電力を使ったり、価格の安い深夜電力で充電した電力を使うことができるからです。蓄電池を導入すれば、価格の高い昼間電力を使う機会がぐっと減り、節約効率が増すのです。

デメリットは導入費用が高額になること

いいところ尽くめの蓄電池なのですが、やはりデメリットもあるものです。代表的なものは、導入費用が高額なところでしょう。家庭用蓄電池で一般的なリチウムイオン電池の相場は、1kWh当たり18万円ほどとなっていますから、どれくらいの容量の蓄電池を導入するかは悩みどころです。

非常用電源の確保するなら小容量でも可

災害時の電源を確保したいならば、必要と考える家電製品の消費電力の合計を元に考えます。たとえば冷蔵庫を200Wと考えると、小型の3.5kWhの蓄電池なら17.5時間の使用が可能となりますが、気温が下がる夜間に電源を切ることを考えれば、2日間以上の使用できる計算になります。ちなみにスマホの充電を考えているなら、消費電力は5W程度でしかありません。

節約効率を最大化したいなら大容量

太陽光発電で作った電気や安価な夜間電力を蓄電池に充電しておき、電気代を節約したいと思うなら、可能な限り容量の大きな蓄電池が必要になります。4人家族なら5kWh以上のものが望ましいでしょう。他にも蓄電池にはデメリットがあります。充電回数が3,500回程度と限られており、6〜10年程度で買い換える必要がありますし、大きさがエアコンの室外機ほどもありますから、設置できるスペースを確保する必要もあるのです。

蓄電池の価格は下降傾向

家庭用蓄電池の最大のデメリットは価格が高いということですが、次第に解消されつつあります。たとえば2015年には蓄電池の価格は、1kWh当たり22万円でした。それが、5年ほどで18万円まで下がりましたし、この傾向はこれからも続くでしょう。

また島根県なら、一部の市町村が補助金を用意しています。令和2年度では、松江市、浜田市、出雲市、益田市、太田市、安来市、雲南市、奥出雲町、邑南町がそれぞれ10万円を上限として、家庭用蓄電池購入のための補助金を用意していた実績があるのです。

しかし、これらの補助金を利用するには、いくつかの注意点があります。第1は補助金には総額で上限が定められていること。使い切った時点で募集は終了となってしまいます。申し込みは先着順となっていますから、補助金を確実に手にするためには年度の早い時期に申し込む必要があります。第2は補助金を利用するには条件があること。松江市や出雲市の場合「市内業者を利用して、太陽光発電システムを同時に導入すること」と定められています。

 

電気代の節約や非常用の電源として頼りになる家庭用蓄電池は、それだけでも有用ですし、太陽光発電システムと同時に導入したならば、なおさら大きな効果が期待できます。その導入の妨げとなっているのが価格なのですが、現在では下落傾向にありますし、島根県内でも各自治体が補助金を用意しているのです。ぜひ家庭用蓄電池を導入し、太陽光発電システムを効果的に運用しましょう。

島根のおすすめ太陽光発電業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名東洋ソーラー新日本エネックスソーラープロジェクト大社エディオンホームズ・アット・ソーラー
特徴太陽光発電・蓄電池の提案・プランニング・施工・保守点検まで自社完結で対応お客様の要望に沿った提案を、分かりやすく丁寧に説明することで、お客様満足度89%を達成太陽光発電の設置・施工に加えて、施工後のアフターフォローも実施太陽光発電システムの施工技術の研修を受講した専任スタッフが施工を担当完全自社施工で、アフターフォロー・メンテナンスまで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧