島根で太陽光発電を導入しよう!口コミで評判の業者をランキング形式で紹介しています。

太陽光発電のリスクは?家庭でのトラブル例と防止策

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/05


太陽光発電の設置を検討した時「設置する事でともなうリスクはあるのか?」と不安に思われる方もいるでしょう。環境に優しく節電にもなるといわれている太陽光発電のリスクを事前に確認し安心して活用したいはずです。今回は家庭で太陽光発電の設置をした際によくあるトラブル例と防止策について紹介していきます。

台風・強風での破損トラブル

自然災害によって起きてしまう台風や強風によって起きるトラブルは、避ける事のできない太陽光発電の大きなリスクです。自然災害は中々予測できないトラブルですが、日頃から家庭でも台風や強風の対策をとり見直す事が大切です。家の外に設置されている太陽光発電は、自然災害によって起こる台風や強風のダメージを受けやすく破損してしまう事があります。

しかしもっと大変で気を付けなければいけないリスクは、台風や強風によってソーラーパネルが飛散してしまい他人の車や持ち物に損害を与えてしまう事です。損害を与えてしまうとソーラーパネルの所有者として責任を問われるといった事も起こりえるので覚えておくとよいでしょう。自然災害によって起きたトラブルは修理費や賠償金を請求される事もあるのです。トラブル例としては次のような例があげられます。

台風・強風でのトラブル例

・台風による暴風でソーラーパネルが飛んでしまい近隣の家や車を傷つけ破損させてしまった。
・台風による豪雨によってソーラーパネルが水没してしまった。
・ソーラーパネルが水につかってしまい復旧する工事の際に業者や近隣住民に感電する危険性も伴わせてしまった。
・ソーラーパネルを支える架台が暴風によって曲がって歪む、折れて倒壊しまった。

台風・強風でのトラブル防止策

ソーラーパネルが自宅で破損してしまった時にまず気になるのが復旧にかかる費用です。メーカーによって保障内容は違いますが自然災害は保証の対象外である事がほとんどです。災害補償は有償オプションとして取り入れているメーカーも多く、自然災害による破損は保証適用外になってしまうメーカーも多いです。

太陽光発電を設備する際には、補償内容の自然災害においてをきちんと知り確認しておく事が大切です。災害補償が通常保証で適用されないと心配であればオプションを検討する事もトラブル防止策につながるでしょう。人や他人の物に被害を与えてしまった場合は自然災害補償の適用にはなりません。そういった場合は「賠償責任保険」といった保険が適応されるでしょう。

また破損によって発電の売買ができなくなってしまった時には「利益保証」という保険もあります。さまざまなトラブルによって適応される保険も違い補償内容もそれぞれなので目を通しておくとよいでしょう。破損トラブルを最大限抑えるには業者選びが大切です。実績も多く技術に優れた施工業者を選ぶ事で破損状況も最小限に抑える事ができます。

反射光によるトラブル

太陽光パネルが太陽の光を反射して近隣の建物に光を差し込んでしまうトラブルです。近隣の住民が反射光によって「部屋が暑い」「眩しくて部屋にいられない」など近隣住民に光害を与えてしまうトラブルです。

反射光におけるトラブル例

・反射光が住宅に差し込み部屋の温度が上昇し熱中症を起こしてしまった。
・近隣の家に反射光が差し込み眩しくて生活に支障をきたしてしまう。

反射光によるトラブル防止策

反射光で起きてしまう「光害」は太陽光のパネルを北面に設置した時におきやすいといわれています。設備する段階で近隣に被害を与えない様に、南向きに設置する事をおすすめします。南向きに設置する事で反射光が上空に逃げ、反射光が差し込む可能性は低くなるといえます。

また太陽光パネルを検討する際には、近隣の住民と普段から友好的にコミュニケーションを取る事を心掛けましょう。トラブルにならないような環境作りを行う事も大切です。設置した後も近隣に「被害や不安を与えていないか」を確認し信頼関係を築いていく事で大きなトラブルを防ぐ事ができるでしょう。

補助金に関するトラブル

太陽光発電を設置するにあたって補助金に関するトラブルも多く報告されています。

補助金に関するトラブル例

・契約時はもらえるといわれていた補助金が交付されなかった。
・浄水器をつければ補助金がでるといわれた。
・このエリアの補助金対象があと2戸なので、すぐに契約すればさらに割引するといわれた。

といった詐欺被害、申請の忘れ、確認ミスといったトラブルがあります。

補助金に関するトラブル防止策

太陽光発電の設備の際、補助金制度を活用する事ができますが注意しなくてはいけない事があります。自治体によって太陽光発電の補助金制度を導入していない地域もあるのです。設置を検討する際には各自治体のウェブサイトなどで補助金制度が支給される地域かを事前に確認しておきましょう。

また補助金が使用できる場合でも、補助金申請を「工事前」にする物と「工事後」にする物がタイプによって違います。こちらも自治体によって決められているケースが多いので確認しておくとよいでしょう。

また契約している業者が「補助金の申請を忘れてしまった」「申請のタイプを間違えてしまった」という事もあります。申請方法を間違えてしまうと「もらえるはずだったのに受け取れなかった」という事も起こりえるので申請方法を自分でもしっかりと理解し、業者が行う申請をきちんと再確認する事も大切です。

 

太陽光発電のトラブルはさまざまですが防止策によって事前に回避する事もできます。これから太陽光発電を検討されている方は、まず実績があり信頼できる設置業者を選びましょう。経験、実績のある設備業者を選ぶ事で、トラブルが減りリスクを減らす事ができるでしょう。

島根のおすすめ太陽光発電業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名東洋ソーラー新日本エネックスソーラープロジェクト大社エディオンホームズ・アット・ソーラー
特徴太陽光発電・蓄電池の提案・プランニング・施工・保守点検まで自社完結で対応お客様の要望に沿った提案を、分かりやすく丁寧に説明することで、お客様満足度89%を達成太陽光発電の設置・施工に加えて、施工後のアフターフォローも実施太陽光発電システムの施工技術の研修を受講した専任スタッフが施工を担当完全自社施工で、アフターフォロー・メンテナンスまで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧