島根で太陽光発電を導入しよう!口コミで評判の業者をランキング形式で紹介しています。

太陽光発電の仕組みを詳しく知りたい!発電の仕組みとメリットを深堀り

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/18

電気代の節約にも活躍する太陽光発電ですが、その仕組みを知っている人は少ないです。発電の仕組みには長所もあれば短所もあり太陽光発電について知っていると発電効率がよい設置方法にも役立つかもしれません。太陽光発電の仕組みをより詳しく知るために、発電の仕組みとメリットを深堀りします。

太陽光発電の仕組みとは?

太陽光発電は太陽の光を活用して電気を生み出します。「太陽の光からどうして電気が生まれるのか?」と疑問に思ったことはありませんか。太陽光発電から発電する仕組みをご紹介します。

太陽光発電は太陽電池が光エネルギーを電気に変換します。これは光起電力効果や光電効果と呼ばれる現象が起こります。光が照射されることで太陽電池の半導体の電子が動いて電気が起こります。太陽電池といわれていますが、電気をためることはできません。

太陽電池をたくさんつなげたものをソーラーパネルといいます。ソーラーパネルが多いほど効率よく電力を生み出すことができます。一般家庭の屋根に設置されている様子を見かける事も多いですが、休閑地など広い土地にソーラーパネルたくさん設置して大きな電力を生み出す太陽光発電はメガソーラーと呼ばれます。

自然の力を使って発電する太陽光発電はメリットもデメリットもあります。メリットとして発電時に二酸化炭素を出さないので環境に優しい、自然のエネルギーを利用するので半永久的になくならない、電気は売ることができるので収入源にもなります。仕組みも単純なので管理がしやすいのもメリットです。デメリットとして、夜間は発電ができない、自然条件に左右されやすい、費用が高いなどが挙げられます。太陽光発電はメリットにもある様に地球環境に優しいので近年では太陽光発電を普及させるさまざまな対策もあります。

太陽光発電の発電量

太陽光発電で大量の電気を作るためには広い土地が必要です。どの位の発電量があるのか知っていますか?太陽光発電の発電量を計算する公式があります。

【システム容量(kW)×平均日射量(kWh/㎡)×損失係数(%)】

システム容量とは、作れる電気の量を表した数値です。太陽光発電システムの規模により変わります。平均日射量:平均的な日のあたる量です。域や太陽光パネルの向きや角度によりかわります。公式を使えば発電量を調べることが可能ですが知りたい数字を調べて計算するのは大変です。一般的に発電設備のパネル出力容量11kWあたりの年間発電量は約1,000kWhです。この発電量を単純計算で1年間の365日で割ると1日当たりの平均発電量が出ます。発電量を知りたい方は平均発電量を目安にしましょう。

また、太陽光発電はモニターで管理することも可能です。発電量だけじゃなく、売電もチェックすることが可能なモニターもあります。太陽光発電を導入する際に屋内モニターがあるものもあり、ない場合にはメーカー問わず接続可能なタイプを導入すると便利です。

太陽光発電と蓄電池の関係

太陽光発電は天気が悪い日や夜間、日照時間の短い季節には発電量が減ったり、発電ができません。蓄電池を組み合わせて使うと購入電力をコストダウンできます。太陽光発電は電気を作る製品です。蓄電池は電気をためることができる製品です。太陽光発電と蓄電池があれば電気を作り電気をためることが可能になります。太陽光発電と蓄電池の組み合わせは相性抜群です。

経済的なメリットを生む

太陽工発電と蓄電池を組み合わせることで売電量がアップし購入電力を抑えることができます。悪天候や季節で発電量がダウンしても蓄電池があればカバーすることが可能です。太陽光発電の『発電』と蓄電池の『蓄電』を組み合わせることで購入電力を減らすことができます。

昼間は太陽光発電システムで発電した電気を使い、発電ができない夜は蓄電池の電気を使う事もできます。そうすることで購入電力を抑えられます。また、深夜電力の料金は昼間に比べて安く設定されています。昼間は太陽光発電と蓄電池を使い、夜間は購入電力を使う方法もあります。蓄電池と太陽光発電を賢く使うことで大幅な電気代節約になりますね。

非常用電源として利用可能

蓄電池は非常時に電気がストップした時の予備電源として産業用として使われていました。家庭用の蓄電池の容量は小さめで長時間の利用はできません。最近では従来のものよりも容量が大きな蓄電池もあります。災害時や停電の時にも役立ち、備えることで安心できますね。太陽光発電だけじゃなく蓄電池があると効率的な発電が可能です。電気をためることができるので発電量が少ない時や発電ができない時にも賢く電気を使う事ができます。

 

太陽光発電の仕組みとメリットを説明しました。実は太陽光発電の仕組みは単純でわかりやすいです。発電時に二酸化炭素などを排出せず、環境に優しい。自然のエネルギーを利用するので半永久的になくなる心配もありません。雨の日や曇りの日、夜間は発電ができませんが、蓄電池と組み合わせて使うことで発電ができない条件の時でもためた電気を使うことで電気代を節約することも可能になります。

島根のおすすめ太陽光発電業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名東洋ソーラー新日本エネックスソーラープロジェクト大社エディオンホームズ・アット・ソーラー
特徴太陽光発電・蓄電池の提案・プランニング・施工・保守点検まで自社完結で対応お客様の要望に沿った提案を、分かりやすく丁寧に説明することで、お客様満足度89%を達成太陽光発電の設置・施工に加えて、施工後のアフターフォローも実施太陽光発電システムの施工技術の研修を受講した専任スタッフが施工を担当完全自社施工で、アフターフォロー・メンテナンスまで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【島根】太陽光発電・蓄電池の設置におすすめな業者の口コミや評判
記事一覧