島根で太陽光発電を導入しよう!口コミで評判の業者をランキング形式で紹介しています。

島根でおすすめの太陽光発電設置業者ランキング

島根でおすすめの太陽光発電と蓄電池設置業者を紹介します!

こんにちは!私は20代後半の男性で、普段から機械やAIに興味を持っています。そして最近自分の家を建てました。

私は良いと思った機械をすぐに購入してしまう癖があり、よく奥さんに怒られています…。

話は変わりますが、私は幼い頃から太陽光発電を使った生活を過ごしていたため、新しい家にも太陽光発電を取り入れたいと思っています。

そして今回このサイトを作ったのは、太陽光発電導入に必要な知識を広めたいと考えたためです。このサイトが太陽光発電の導入を検討されている方の参考になれば、幸いです。

また、ランキングは、数ある太陽光発電と蓄電池設置業者の中から、特におすすめのできる太陽光発電設置業者を厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものとなっています。

島根のおすすめ太陽光発電業者ランキング!

東洋ソーラー株式会社の画像1
島根県内でトップクラスの実績と技術力を誇る。

東洋ソーラーは山陰エリアで太陽光発電・蓄電池設置の提案および施工を行う会社です。山陰エリアで唯一太陽光発電システムの販売~点検まで自社スタッフによる一貫体制を敷いており、施工実績も約3000件と豊富です。

他にも専門スタッフによる点検を実施することや専門資格の有資格者が多く在籍してことも強みで、施工技術の高さやアフターフォローの充実度も強みとなっています。

東洋ソーラーの基本情報

特徴 太陽光発電・蓄電池の販売提案・設計・施工・保守点検まで自社完結で対応。親しみやすく信頼されるスタッフが揃っているのもポイント。
サービス内容 太陽光発電・蓄電池のプランニング・施工・メンテナンス・点検
エコキュート、HIクッキングヒーター
産業用消費型太陽光発電システム
セミナー・イベントの有無
施工実績 3000件程度(2018年11月時点)
申込方法 電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120‐69‐1040(9時~18時・平日のみ)
新日本エネックスの画像1
対応力と技術力の高さ・アフターサービスの充実度が強み

新日本エネックスは太陽光発電・蓄電池などの販売~点検を中心に運営している会社です。九州エリアを中心として山陰でも施工実績があり、スタッフの対応の分かりやすさ・丁寧さも強みとなっています。

営業スタッフの説明や技術スタッフの対応の良さからお客様満足度89%を達成。満足できなかった人の声も参考にしながら、親切で分かりやすい説明を実施しています。

新日本エネックスの基本情報

特徴 豊富な施工実績と納入経験がある。安心の施工対応、アフターフォローを実施。
サービス内容 太陽光発電・IHクッキングヒーター・エコキュート・蓄電池・リフォーム
セミナー・イベントの有無
施工実績 記載なし
申込方法 電話・問い合わせフォーム・LINE@
フリーダイヤル:0120‐895‐735(9時~20時・定休日は既定カレンダーによる)
ソーラープロジェクト大社の画像1
ライフスタイルに合った省エネ・発電性能の高い製品を提案

ソーラープロジェクト大社は太陽光発電システムを中心とした省エネ設備全般の提案・施工を手掛ける会社です。取扱製品は太陽光発電システム・蓄電池・AiSEG2・エコキュート等幅広く、環境負荷が少ないスマートハウスの実現をサポートします。

また太陽光発電ではPanasonic・ソーラーフロンティア・Qセルズ・REC・カナディアンソーラー・シャープ・京セラの同時比較も可能となっています。

ソーラープロジェクト大社の基本情報

特徴 ショールームにて太陽光発電の主要7つのメーカーを同時比較できる。太陽光発電以外にも、蓄電池の販売も実施。
サービス内容 スマートハウス・太陽光発電システム・蓄電池・AiSEG2・エコキュート
セミナー・イベントの有無 有(セミナーは不定期開催)
施工実績 記載なし
申込方法 電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120‐830‐352(10時~19時・水曜定休)
エディオンの画像1
太陽光発電と蓄電池に強み。リフォームにも幅広く対応

エディオンは太陽光発電・蓄電池・リフォームなどを中心に展開している会社です。島根県内全域でサービスを展開しています。

太陽光発電においては高い提案力・技術力を身に付けるための研修を定期的に実施。これらの研修を受けたスタッフのみが提案・施工を担当するのも、独自の特徴です。

また自社一貫対応以外にも費用のリーズナブルさも強みです。

エディオンの基本情報

特徴 研修センターで専任スタッフを育成することで、技術力の向上に努めている。太陽光発電の施工ID取得者数は、約2,500名を突破している。
サービス内容 リフォーム全般・オール電化・太陽光発電システム
セミナー・イベントの有無
施工実績 約35,000件
申込方法 電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120-8210-45(10時~19時・土日祝日も受付)
ホームズ・アット・ソーラーの画像1
地域密着型で太陽光発電専門のサービスを展開

ホームズ・アット・ソーラーは地域密着型の会社として、太陽光発電システムを専業にサービスを展開しています。

ホームズ・アット・ソーラーではアフターフォローが充実していることや適切なプランの提案、長年の運営ノウハウを提供してくれるのが特徴。他にもエリアを限定させた地域密着型でサービスを展開しているため、高い施工技術は勿論のこと気候や地理条件も熟知しています。他にもエリアを限定させた地域密着型でサービスを展開しているため、高い施工技術は勿論のこと気候や地理条件も熟知しています。

ホームズ・アット・ソーラーの基本情報

特徴 設置からアフターフォローまで自社でおこなう。実店舗を持つため、パネルなどの商品の選定や相談受付も直接おこなうことが可能。
サービス内容 注文住宅・住宅用太陽光発電・蓄電池
セミナー・イベントの有無
施工実績 記載なし
申込方法 電話・問い合わせフォーム
TEL:0858-26-8268(10時〜17時・平日のみ)

太陽光発電ってどんなもの?


太陽光発電とは

太陽光発電とは太陽光を取り入れて発電する方法です。再生可能エネルギーの1つとして近年注目を集めており、現在では日本でも太陽光発電が広まってきています。

太陽光発電が世界各国で広まったのは、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を出さないこと、資源枯渇のリスクがないこと等のメリットがあるためです。

では太陽光発電はどのような仕組みで発電しているのでしょうか。次はその詳細を説明していきます。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み及び発電までの簡単な流れは、以下の流れとなります。(一般住宅の場合の流れ)

ソーラーパネルに太陽光が入る⇒直流の電気が生成される⇒交流の電気に変換される⇒各部屋のコンセントに送電する

簡単に言うと、ソーラーパネル(太陽電池)が太陽光を受けて、ソーラーパネル内で電気を生成、電気を変換し送電するという仕組みです。

ソーラーパネル(太陽電池)とは太陽光を吸収し電気を生成するパネルで、通常複数のパネルを繋げて使用します。ソーラーパネルに使用されている素材はシリコン系、化合物系、有機系があり、それぞれ発電効率や製造方法が異なります。

近年は、ソーラーパネルを家の屋根以外に設置するケースも、珍しくなくなりました。それ以外にも空き地の活用手段として、ソーラーパネルを複数設置するケースもあります。

他にもソーラーパネル以外の設備として、直流の電気を交流の電気に変換するパワーコンディショナー、各部屋や機器に送電する分電盤があります。電気を売却する場合は、売電量を確認できる電力量計も使用します。

メリットとデメリット

太陽光を受けて電気を生成する太陽光発電ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリット

太陽光発電のメリットは以下があります。

①環境負荷が少ない
②資源枯渇のリスクがない
③色々な場所に設置可能
④寿命が長い
⑤非常時も電気が使用できる
⑥余剰電力を売却できる

①の「環境負荷が少ない」に関しては、発電時に有害物質が発生しないということです。太陽光発電は地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を排出しません。人体に有害な物質も出さないため、健康リスクもありません。

②の「資源枯渇のリスクがない」に関しては、太陽光発電は発電時に天然資源を消費しない、ということです。太陽光発電は石油や天然ガス等を使用せず太陽光のみで発電するため、資源の枯渇を心配する必要がないのです。

③の「色々な場所に設置可能」に関しては、あらゆる場所に設置して発電できるということです。設置可能な場所は住宅の屋根だけでなく、工場、倉庫、駐車場、地面・水面、遊休地等幅広くあります。

④の「寿命が長い」に関しては、太陽光発電システムは長期に渡って使用できるものである、ということです。製品のスペックやメンテナンス頻度によって異なりますが、 20年~30年程度使える製品が多いです。

⑤の「非常時も電気が使用できる」に関しては、停電時にも電気が使えるということです。自立運転機能が搭載されているパワーコンディショナであれば、停電時も専用コンセントから電気が使用できます。

⑥の「余剰電力を売却できる」に関しては、生成した電気を電力会社に売却して収入を得られるということです。このように太陽光発電は多くのメリットがあります。

デメリット

反対に太陽光発電のデメリットもあります。

①導入コストが高い
②定期的なメンテナンスが必要
③天候や日照時間で発電量が変動する
④設置場所の確保が必要

①の「導入コストが高い」に関しては、導入時に多額の費用が発生するということです。必要な費用はスペック、設置場所、メーカー等で異なりますが、設置費用の平均は1kWhあたり35.4万円程度で、費用の捻出に苦労することが多いです。

②の「定期的なメンテナンスが必要」に関しては、年単位で設備の点検が必要ということです。パネルに埃や汚れが付着していると発電量が減ってしまったり、不具合が起きやすくなります。そのため専門業者による点検が欠かせません。

③の「天候や日照時間で発電量が変動する」に関しては、天気や太陽が出ている時間によって発電量が大きく変わるということです。雨や雪の場合や日照時間が少ない季節・地域の場合は、発電量が少なくなってしまいます。

④の「設置場所の確保が必要」に関しては、ソーラーパネル等を設置するためにある程度の広さがある場所が必要、ということです。設置場所によって確保に必要な面積は異なるため、設置の際は一度業者に相談してみると良いでしょう。

このように太陽光発電はメリット・デメリットどちらも存在します。ですが太陽光発電はデメリットよりもメリットによる恩恵が大きいため、導入をおすすめできます。


・太陽光発電とは太陽光を電気に変換する発電方法
・メリットとデメリット両方あるが、メリットによる恩恵のほうが大きい

島根で太陽光発電を導入するのはあり?


島根の気候

島根県の気候の特徴は、比較的温暖な気候で、日照時間は全国平均よりも少ないことです。島根県の地域区分は主に出雲沿岸部・石見沿岸部・内陸部の3つに分けられ、それぞれ気温・気候・降水量/降雪量に違いがあります。

松江や出雲などの出雲沿岸部は比較的温暖な気候であり、酷い暑さも少ないのが特徴。冬期の平均気温も、名古屋と同じくらいです。

年間降水量/降雪量は隣県である鳥取よりも少なく、積雪も少ないのが特徴です。日照時間は島根県内では比較的長くなっています。

浜田・太田・益田などの西武沿岸部は松江や出雲よりも気温が高く、冬期の平均気温は東京と同じくらいとなっています。降雪量は少ないですが、降水量が比較的多くなっています。日照時間は3つのエリアの中で特に長くなっています。

弥栄や六日市などの内陸部は平均気温が比較的低いのが特徴。夏期は涼しいですが、冬期は氷点下以下になることがあります。殆どの地域が豪雪地帯であり、冬期は積雪量が多くなります。日照時間は3つのエリアの中では特に短くなっています。

このように島根県内は地域ごとによって気温や降水量/降雪量の違いがありますが、どの地域だから良い・悪いということではありません。確かに島根県は、全国平均よりも降水量が多く日照時間は少ない傾向にあります。

ですが太陽光発電を導入しても、売電量や削減可能な電気代を考慮すると十分採算は取ることができます。そのため業者と相談しながら、少しでも多く発電できる場所に設置することが重要です。

補助金制度を活用しよう

島根県で太陽光発電を導入する際、補助金を利用することができます。利用できる補助金の種類は、地域や発電量によって異なります。

住宅用太陽光向けの補助金を用意している地域は、以下の通りです。(2020年度現在、予告なく申請受付を終了している場合有)

松江市・浜田市・出雲市・益田市・大田市・安来市・雲南市・奥出雲町・飯南町・川本町・美郷町・邑南町・津和野町・吉賀町・海士町・西ノ島町・隠岐の島町

補助金制度は地域ごとに対象機器・対象経費・申請条件・上限金額・申請期日が異なり、申請の上限枠も限定されています。加えて申請に必要な書類も地域ごとに異なりますし、書類を揃えるのに時間が掛かる場合もあります。

そのため補助金の利用を検討している場合は、早めに情報を調べて市町村の役所に問い合わせしましょう。


・島根県の気候は比較的温暖だが、日照時間は全国平均より少ない
・気候や気温は地域によって差がある
・日照時間は少ないが発電量や削減可能な電気代を考慮すると、導入しても十分採算は取れる

買って終わりじゃない!太陽光発電ってどのくらいの費用がかかる?


初期費用

太陽光発電の導入にあたって必要な費用の内訳は、設備一式の導入費・工事費・手続費があります。この見出しではそれぞれの詳細をご紹介します。

設備一式

太陽光発電システムの導入に必要な費用の1つ目として、設備一式に関する費用が発生します。

具体的に必要な設備は、ソーラーパネル・パワーコンディショナー・ケーブル・架台等があります。他にも必要に応じて、除草シート・接続箱・集電箱・フェンス等を用意する必要があります。

具体的に発生する費用は使用する製品、性能、メーカーによって違いがありますが、経済産業省が算出した設置費用の平均相場は約145万円、1kWごとの価格は29万円程度と言われています。但しこの価格はあくまで平均価格であり、条件によって大きく変動します。

工事にかかる費用

太陽光発電システムの導入に必要な費用の2つ目として、工事費が発生します。工事費に含まれる工事の種類は複数あり、組立工事・電気工事・造成工事等があります。

組立工事ではソーラーパネルや架台を取り付けるための工事を行います。電気工事ではパワーコンディショナーの設置や配管、分電盤の追加配線工事、太陽ブレーカーや送信ユニット等の設置を行い、売電をする場合は、電力量計の設置も必要です。

造成工事はソーラーパネルを地面に取り付ける場合に行われる工事で、地面の整地や地固め、切土、地盤改良を行います。他にも砂利やアスファルトの設置、除草、伐採を行う場合もあります。

それぞれ具体的な工事費用は、設置場所、設置設備の種類等によって大きく変動します。費用で気になる部分があれば、業者に確認しておきましょう。

手続きにかかる費用

太陽光発電システムの導入に必要な費用の3つ目として、手続費が発生します。具体的には資源エネルギー庁への新規認定申請費、電力会社への申請費、地域自治体への補助金申請費があります。

購入後の維持費

太陽光発電の導入後の維持費として、設備交換・電気代・定期点検・清掃・管理の費用が発生します。この見出しではそれぞれの詳細をご紹介します。

パワーコンディショナーの交換費用

太陽光発電システムの維持費の1つ目は、パワーコンディショナーの交換費用です。パワーコンディショナーの交換費用の相場は1回20万円程度(10kW未満・住宅用の場合)と言われており、具体的な価格設定は業者によって異なります。

パワーコンディショナーの電気代

太陽光発電システムの維持費の2つ目は、パワーコンディショナーの電気代です。パワーコンディショナーはソーラーパネルで発電された電力で運転しますが、発電を行わない夜間は電気代が発生します。

具体的な金額は設備の種類や台数によって変動しますが、10kW未満の設備の場合は大きな金額にならない場合が多いです。

定期点検の費用

太陽光発電システムの維持費の3つ目は、定期点検費用です。定期点検の頻度・費用は業者によって異なり、有償で点検する場合は1回1万円前後が多いです。また点検内容は太陽光発電協会が定めたガイドラインに沿って実施されます。

清掃にかかる費用

太陽光発電システムの維持費の4つ目は、清掃費用です。ソーラーパネルは屋外で使用するため、埃、動物の糞等で汚れが付きます。

そのため、汚れによる不具合を防ぐために清掃が必要になります。汚れの量が多かったり設置場所によっては必要費用が高くなります。

他にも清掃規模や方法によって別途料金を設定している業者もあるため、事前に確認しておきましょう。

管理にかかる費用

太陽光発電システムの維持費の5つ目は、管理費用です。

管理費用として発生するのは、遠隔監視システム・ドローン点検等の管理システムの導入やメーカー保証等があります。他にも設備が故障した際の修理費用も発生します。

税金

太陽光発電システムの運用には税金も発生します。個人の太陽光発電システムの運用で発生する税金は「所得税」・「固定資産税」があり、それぞれ発生条件が異なります。

所得税

所得税は太陽光発電で得た電気を売却し収入を得る場合に発生し、事業用の場合は「事業所得」となり事業用以外の場合は「雑所得」に該当します。

「雑所得」は主に余剰電力の売電が該当します。また年間の売電収入額が20万円未満であれば所得税は発生しません。「事業所得」は発電した電力を全て売電する場合に該当し、原則確定申告が必須となります。

固定資産税

固定資産税は産業用の太陽光発電システムを使用する場合や屋根とソーラーパネルが一体化している場合に発生します。具体的な税額は、使用年数や購入金額に応じて変動します。

シミュレーションをしっかりしよう

太陽光発電を導入する際は事前に発電量のシミュレーションをしっかり行いましょう。自力ではシミュレーションが難しい場合が多いため、業者にシミュレーションを依頼するのがベストです。

発電量は天候・日射量・日照時間・季節等によって変動します。これらの条件を踏まえた上で、丁寧にシミュレーションを行う業者を選ぶと良いでしょう。


・太陽光発電で必要な費用は設備費・工事費・手続費がある
・具体的に必要な金額は、設置条件・製品・業者によって大きく異なる

どこがいい?太陽光発電業者を選ぶポイントとは


自社で施工を行っている

太陽光発電業者を選ぶポイントの1つ目は自社で施工を行っていることです。太陽光発電業者は販売から施工までワンストップで行う業者がかなり少なく、販売・提案は自社で実施し、工事は別業者に委託することも珍しくありません。

ですが自社で施工を行う業者を選ぶことで施工品質が高くなり仲介手数料も発生しません。またトラブルも発生しにくく、安心してアフターサービスも受けることができます。

各種資格を所持している

太陽光発電業者を選ぶポイントの2つ目は各種資格を所持していることです。太陽光発電システムを導入する際は、スタッフの資格の保有状況や技術力が大変重要です。

そのため販売IDや施工IDを取得している、且つ必要な研修を受講している業者を選ぶようにしましょう。

他にも複数のメーカーの研修を受講していること、設置工事や電気工事の実績が豊富な業者を選ぶとトラブルが発生しにくいです。

営業の対応が信頼できる

太陽光発電業者を選ぶポイントの3つ目は営業の対応が信頼できることです。信頼できる太陽光発電業者は太陽光発電に関する専門知識や現場経験が豊富であり、対応も早く丁寧です。他にも商談時に丁寧で分かりやすい説明をしてくれる業者も、ポイントが高いです。

反対に説明や質問への返答が不明瞭、連絡が遅い、対応が雑だと感じた場合は利用を見合わせたほうが良いでしょう。

アフターフォローがしっかりしている

太陽光発電業者を選ぶポイントの4つ目はアフターフォローがしっかりしていることです。太陽光発電は販売や施工も大変重要ですが、施工後のメンテナンスや点検も同じくらい重要です。

そのため業者を選ぶ際は、定期点検の実施有無や点検・メンテナンスの丁寧さも確認する必要があります。

他にも修理・修繕時の対応や災害時の補償が充実しているかも確認しておくと良いでしょう。


・太陽光発電業者を選ぶポイントは、自社施工の有無・専門資格/IDの保有有無・対応の丁寧さ・アフターフォローの充実度である

まとめ


太陽光発電システムに関してご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。太陽光発電のメリット/デメリット・費用・業者を選ぶポイントを把握しておくことで、どのように太陽光発電システムを導入・運用していけば良いかを考えることができます。

他にも導入を検討している地域の気候・降水量/降雪量・日照時間等も考慮することで、正しい運用や一定の発電量の確保もできます。

島根県内で太陽光発電システムを検討している方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

島根でおすすめの太陽光発電と蓄電池設置業者の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名東洋ソーラー新日本エネックスソーラープロジェクト大社エディオンホームズ・アット・ソーラー
特徴太陽光発電・蓄電池の提案・プランニング・施工・保守点検まで自社完結で対応。点検専門スタッフによる定期点検を実施しており、アフターサービスも充実。お客様の要望に沿った提案を、分かりやすく丁寧に説明することで、お客様満足度89%を達成。他にも万が一機器の性能低下時や故障時の保証も適用。太陽光発電の設置・施工に加えて、施工後のアフターフォローも実施。工事保証やアフターフォローなど、運用中のサポートに力を入れている。太陽光発電システムの施工技術の研修を受講した専任スタッフが施工を担当。また施工品質の維持・向上の取り組みにも力を入れている。完全自社施工で、アフターフォロー・メンテナンスまで対応。蓄電池やエコキュートの導入でより効率の良いエネルギー活用方法を提案している。
サービス内容太陽光発電・蓄電池のプランニング・施工・メンテナンス・点検
エコキュート、IHクッキングヒーター
産業用自家消費型太陽光発電システム
太陽光発電・IHクッキングヒーター・エコキュート・蓄電池・リフォームスマートハウス・太陽光発電システム・蓄電池・AiSEG2・エコキュートリフォーム全般・オール電化・太陽光発電システム注文住宅・住宅用太陽光発電・蓄電池
セミナー・イベントの有無有(セミナーは不定期開催)
申込方法電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120‐69‐1040(9時~18時・平日のみ)
電話・問い合わせフォーム・LINE@
フリーダイヤル:0120‐895‐735(9時~20時・定休日は既定カレンダーによる)
電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120‐830‐352(10時~19時・水曜定休)
電話・問い合わせフォーム
フリーダイヤル:0120-8210-45(10時~19時・土日祝日も受付)
電話・問い合わせフォーム・オンライン相談
TEL:0858-26-8268(10時〜17時・平日のみ)
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

記事一覧

記事がありません

表示する記事はありませんでした。